小林武史とakkoの娘2人歌手に

今月5月14日に公開された映画「世界から猫が消えたなら」の主題歌でデビューした新人シンガーのHARUHIをご存知でしょうか?
主演の佐藤健も”すごくキレイなです。声特別な才能の持ち主だと思います”と唸るほどの歌唱力で話題になっています。
なんと、この新人シンガーのHARUHIは、音楽プロデュースの小林武史さんとMy Little Loverのakkoさんの娘なのです。
この映画に出演している宮崎あおいさんも”耳にも心にも気持ちのいい声”と絶賛しています。
彼女は新人とは思えないほどのすさまじい表現力の持ち主と関係者からも太鼓判を押されています。
男性とも女性ともとれる声質。そして、年代も感じさせないその歌声。
その実力に魅了される人も多いのではないでしょうか。
彼女のデビューシングルでプロデュースを手がけたのはもちろん、父の小林武史。
父と娘。あくまでプロデューサーとシンガーとして、切磋琢磨しています。