Facebook、「いいね!」以外のボタンをテスト

米Facebookは10月8日、「Like(日本では「いいね!」)」以外の6種類のボタンを追加するテストを開始したと発表した。追加するのはハート形の「Love」、顔文字の「Haha」「Yay」「Wow」「Sad」「Angry」で、Facebookはこれらを「Reactions」と名付けた。
いいね!は友達の投稿に1クリックで共感を示せる機能。コメントを入力せずに手軽に共感を示せるので、特に文字入力が面倒なモバイルで便利だ。だが、不幸な報告や行政への不満の表明などに対して使うのには違和感があるので「Dislike(よくないね!)」ボタンが欲しいというリクエストが多数寄せられていたとマイク・ザッカーバーグCEOは語った。
同氏は「よくないね!ボタンではないが、Reactionsで皆さんは喜びと熱狂に加え、悲しみや同情を示せるようになった」と説明する。
Reactionsを使うには、モバイルではボタンを長押しするとReactionsの一覧が表示されるので、そこからいずれかのボタンを選ぶ。PCの場合はボタンにカーソルを合わせれば使用することができる。Reactionの使用履歴はいいね!と同様にユーザーのニーズフィードの表示に反映されていく。とはいえ、「悲しみ」を選んだユーザーに悲しい投稿ばかり表示するわけにもいかないので、反映方法は高度なものになりそうだ。Facebookはテストで反映方法を研究していくとしている。
ReactionsはFacebookページにも影響を与える。ページオーナーは「インサイト」でReactionsの種類別データをチェックできるようになる見込みだ。
Reactionsのテストは同日からアイルランドとスペインでスタートする。この2カ国のユーザーはすべてのFacebook投稿に反映できるからという。これは、おそらく日本のように投稿数が多くないのでニュースフィードで埋もれてしまう投稿がないという意味だろう。
かねてから言われてきた「いいね!」以外のボタンの追加。このテストによって正式に採用されるボタンが決定し、実装されるのはいつになるのだろうか?