紅白、初出場はわずか4組

毎年大みそかのお茶の間のテレビの定番になっている、「NHK紅白歌合戦」の出場歌手が26日午後二時に発表される。事前のメディアの報道によると、初出場者は4組。過去、もっとも少ない初出場者となりそうだ。今回初出場するのは、福岡を拠点に活躍しているAKB48姉妹グループのHKT48。今年、デビュー20周年を迎え、人気が復活してきたV6。若者を中心に人気を集めている、男女4人組バンド「SEKAI NO OWARI」。テレビ朝日のbらえてぃ番組のカラオケ対決コーナーで人気を集め、今年にはアナと雪の女王のエンディングテーマを歌い、大ヒットとなったMay J.が初出場の予定。近年、音楽業界の若手の伸び悩みが目立つ中、それを表すかのような、史上最少の初出場者となる見通しだ。