見え方、感じ方の違い

まったく同じものでも、色によって重さや大きさ、硬さが違うように感じることがあります。

これは色の三属性のうち、明るさの度合いをあらわす、明度の違いによるものです。

色は明度が高いほど明るく見えます。

さらに、軽く、膨張して大きく、柔らかく見えます。

そのため、高明度の色は、ベビー服や柔軟剤のパッケージデザインなどの柔らかさや

軽さを表現したいものに多く使用されます。

それと反対に、色は明度が低いほど暗く見えます。

さらに重く、収縮して小さく、硬く見えます。

そのために、低明度の色は革張りのソファーやトレーニング用のダンベルなどの

どっしりした重厚感を感じさせたいものによく使われます。

一番明度が高い白と、一番明度が低い黒を比較すると、その重さの感じ方は、

「黒の方が約2倍重く感じる」というデータがあります。

また、大きさの面では白よりも黒の方が小さく見えるため、墓石は白と黒が同じように見えるよう、

黒の方が一回り大きく作られています。

このように、色の明度が違いだけで、感じ方、見え方が異なります。

インテリアやファッションなど、うまく取り入れて見てはいかがですか?