コーヒーと漢方、相互作用注意

昨年末「エナジードリンク」と呼ばれるカフェイン入り清涼飲料水を大量に飲んだ男性がカフェイン中毒で死亡する事件があった。カフェインは飲料や薬など様々なものに含まれており、飲み合わせによって意図せず大量摂取してしまう可能性があるそうだ。
カフェインはコーヒー豆や茶葉、カカオ豆に含まれる成分だ。コーヒーや紅茶、緑茶、チョコレート、ココアなど身近な食品・飲料に含まれる。このほかに、コーヒーや茶葉から抽出されたカフェインを日ごろ摂取していることを知らない人も多いのではないだろうか。精製されたカフェインは、医薬品として片頭痛の治療に用いる処方薬や市販の風邪薬や眠気覚ましの市販薬などに含まれている。また、食品添加物として使用が認められており、適度な苦みによって食品の味をよくする目的でコーラなどの清涼飲料水やドリンクなどに添加されたり、サプリメントの原料として使われたりしているそうだ。
カフェインは心血管や中枢神経を刺激して覚醒させる作用がある。そのため、適量を摂取すると体の活動量が盛んになって元気が出る。しかし、短期間で大量に摂取すると頭痛、めまい、胃けいれん、吐き気、嘔吐などの急性症状が現れるという。過剰摂取によって中毒になると興奮して眠れなくなったり、動悸がしたりするなど全身に症状が及んで危険な状態になり、摂取量によっては死に至ることもある。
カフェインは摂り方によっては体にリスクがあるが、国内では今のところ、食品における1日の摂取許容量は設定されていないそうだ。海外の状況を参考にすると、健康な成人では1日の摂取量の目安は400ミリグラムと言われている。これをコーヒーに換算するとマグカップ3杯分になるという。カフェインは主に嗜好飲料に含まれている。表示されているカフェインの量をチェックし、目安量を超えないようにすることが大切だ。
また頭痛薬などの薬には、1錠に100~300ミリグラムのカフェインが含まれるそうだ。サプリメントにも高濃度のカフェインが含まれる商品がある。薬やサプリメントを通じて大量摂取してしまうと、それだけで1日の目安量を超えることがあるという。
カフェインの摂取については、薬に含まれる相互作用も重要だ。漢方薬では、生薬の麻黄に含まれるエフェドリンに気を付ける必要がある。カフェインと一緒に摂取すると相乗作用で効果が高まるためだ。漢方薬は副作用が無いと思われがちだが、知らずに飲み合わせると脈が速くなったり、血圧が上昇したりすることがあるそうだ。麻黄は葛根湯や麻黄湯などに含まれる生薬で、これらの漢方薬は風邪薬としてよく使われる。服用するときはカフェイン入りの嗜好飲料は控えるようにしないといけない。また、気管支ぜんそくに使われる気管支拡張薬にもエフェドリンのような作用のものがあるという。これについても、カフェインが含まれるものとの飲み合わせには注意が必要だ。
知らずに摂取すると大変なことになってしまうかもしれない。薬を処方された時は、医師や薬剤師に飲み合わせについて確認した方がよさそうだ。

小林武史とakkoの娘2人歌手に

今月5月14日に公開された映画「世界から猫が消えたなら」の主題歌でデビューした新人シンガーのHARUHIをご存知でしょうか?
主演の佐藤健も”すごくキレイなです。声特別な才能の持ち主だと思います”と唸るほどの歌唱力で話題になっています。
なんと、この新人シンガーのHARUHIは、音楽プロデュースの小林武史さんとMy Little Loverのakkoさんの娘なのです。
この映画に出演している宮崎あおいさんも”耳にも心にも気持ちのいい声”と絶賛しています。
彼女は新人とは思えないほどのすさまじい表現力の持ち主と関係者からも太鼓判を押されています。
男性とも女性ともとれる声質。そして、年代も感じさせないその歌声。
その実力に魅了される人も多いのではないでしょうか。
彼女のデビューシングルでプロデュースを手がけたのはもちろん、父の小林武史。
父と娘。あくまでプロデューサーとシンガーとして、切磋琢磨しています。

毒学校?中国で異常事態

中国北京の小学校のグラウンドで異常がおきている。これにより子供たちは、鼻血やめまい、発熱をうったえている。中国各地でおきている異常事態は「毒学校問題」とされているという。
学校の前では、保護者たちが集まり、子どもを守るため学校に対し声を荒げる。現在、クラスの7割以上が学校に来ておらず、1クラス9人程度しか来ないときもあるとのこと。
保護者たちは、学校のグラウンドが怪しいとみている。数日前から刺激臭がしているそうだ。
グラウンドでは、去年から改修工事が行われている。ゴムやプラスチックなどの人工素材を敷く工事で、この素材に問題があるとされている。 
一部メディアによると、コスト削減のために有毒物質で工事をすすめることもあるといい、気温上昇も相まって有毒物質の放出がよりおおくなった可能性を指摘している。
保護者によると、子どもたちは85%が体に異常を訴え、65%以上は血液検査の結果に異状がみられたそうだ。
学校は、休みにはなったが謝罪や原因解明などの動きは見せていないという。
まさに毒学校だ。子どもだけでなく職員に影響はないのだろうか。