ミスドの新商品が好調

ミスタードーナツの2014年度の売り上げが6年ぶりに前年度を上回る見通しだそうです。コンビニエンスストア各社の参入で経営環境の悪化が見込まれる中、昨年投入した高価格帯の新商品が好調だったそうです。
昨年4月に発売した「ミスタークロワッサンドーナツ」は、税込み172~194円と、100~150円の平均的な商品と比べて割高ですが、販売個数は1年間で約4100万個と平均的な商品の2倍強に上ったそうです。
1月にはデニッシュ生地を組み合わせた「ブルックリン D&D」(194円)を販売し、3か月で1000万個が売れたそうです。今月9日には生地をクッキーとベーグルに刷新した「メリーゴーランド」(172円、東京と神奈川は194円)を投入し、高価格帯の商品を拡充するそうです。
これまでの定番商品だけでなく、新しい食感・味わいの新商品を次々展開していくミスタードーナツ。目新しさについ買ってしまう人も多いのではないでしょうか?最近コンビニのお菓子でも少し割高な「大人向け」のお菓子が増えていますが、安いだけのものよりも少し高級感のあるものを人々が求め始めているのかもしれませんね。