実は発音しやすい!イギリス英語

中学校から英語を勉強していたのにもかかわらず、全く話すことが出来ないという人も多いのではないでしょうか。
中学、高校の6年間で英語を勉強してきたのに日本人はなぜ話すことが出来ないのでしょうか。それは日常で使うことが極端に少ないことが考えられます。ですが、社会人になって英語が必要となった方や、外国人ともっとコミュニケーションをとりたいと思ったのならば、やはり英語は必要ですよね。中学、高校で日本人が学ぶ英語は基本的にアメリカ英語ですが、なんと日本人にとっては、本場のイギリス英語の方が発音しやすいというのです。それはなぜかというと、「r」の発音に秘密があります。アメリカ英語は「r」を発音しますがイギリス英語は「r」を発音しません。たとえば「Water」。アメリカ英語は「ワァラー」のように発音をしますが、イギリス英語の発音の仕方は「ウォーター」。しかもこの「r」の発音は日本人が苦手な発音とされています。つまり、その「r」を発音しないイギリス英語は、実は日本人向きの発音と言えるのです。いかがでしたでしょうか。これから英語を学ぼうとしているのなら、イギリス英語に挑戦してみてはいかがでしょうか。