「白ロム」という言葉は…。

「このところ友達の中でも格安スマホにチェンジしている人が目につくようになってきたので、興味がそそられる!」ということで、実際に購入を思案中の人も多々あるそうです。格安SIMの最大の強みというのは、何と言いましても料金が安いことだと言って間違いありません。既存の大手通信会社とは違って、ビックリするくらい料金がリーズナブルで、プラン次第で、月額1000円前後のプランがあるのです。SIMフリースマホに関しては、SIMロックされた端末とは販売マーケットが異なり、全世界を対象に販売される端末がほとんどという状況なので、価格的にも比較的安価設定ですが、日本では見かけない機種がほとんどかと思います。「白ロム」という言葉は、そもそも電話番号がまだ未登録の携帯電話機のことをいう専門用語だったのです。その逆で、電話番号が登録されている携帯電話機のことを「黒ロム」と呼ぶのだそうです。有名な大手キャリアと比較しますと、格安SIMは料金が相当節約できるということでかなり人気が高いです。料金が低減可能だからと言っても、データ通信であるとか通話が乱れることがあるということもなく、大満足のSIMとなるでしょう。SIMフリータブレットだったら、Wi-Fiサービスのない戸外でも、ストレスなく通信することができるはずです。ドライブ中や散歩中など、幾つもの局面でタブレットがスイスイと楽しめるのです。携帯電話会社に雁字搦めにされる購入パターンは、今の時代にそぐわないという意見も目立つようになってきました。いよいよ格安スマホがメインになると言っていいでしょう。SIMフリースマホだとしても、「LINE」の他に、諸々のアプリがスムーズに使えるのです。LINEの最重要機能である無料通話ないしはチャットやトークも何ら不都合はありません。MNPであれば、携帯電話番号が変更されることもないし、家族などに連絡する必要もありません。何はともあれMNPを利用して、思い通りのスマホ生活を満喫してもらえればと思います。SIMフリースマホを購入するに際しては、格安SIMカードの通信方式と周波数帯を調べて、それに適合するものを選択しなければ、音声通話もデータ通信も不可能で、バカを見ます。スマホとセット形式で販売されることも少なくありませんが、大概のMVNOでは、SIMカードだけ入手することも可です。言い換えれば、通信サービス限定で契約することもできるということになります。大手キャリアに関しては、端末(スマホなど)と通信をセットで勧めることが多く、多くの人は、その状態で契約することが少なくありません。それが実態なので、MVNOへの乗り換えを検討する際には、買い方が異なることに驚くことでしょう。平成25年の秋の時節に、マーケットに投入されて以来人気を保ち続ける「iPhone 5s」のSIMフリー版がとうとう市場展開されるなど、何とかかんとか我が国日本でも効率的なSIMフリー端末の販売が開始されたわけです。SIMカードというのは、スマホやタブレットなどのモバイル端末にて、通話とかデータ通信などを行なう場合に不可欠なICチップカードのことで、電話番号というような契約者情報が収められているというわけです。「人気の格安スマホを購入するつもりだけど、どこで契約したほうが賢明か判定できない!」とおっしゃる人に、乗り換えしても間違いのない“格安スマホ”をランキング一覧にて掲載させていただいております。

いずれ格安スマホを持つと言う人をターゲットに…。

「携帯電話機」だけを取り上げれば、一個体の端末機器ですから、これに電話番号が留められた「SIMカード」と呼ばれるICチップを挿し込まなければ、電話機としての機能を全うすることができないわけです。
インターネットを使いたいときに必要な通信機能に関しましてリサーチしてみますと、Windows系のタブレットPCには、Wi-FiタブレットPCとSIMフリータブレットPCの2パターンがあるみたいです。
最初の頃は、価格の安い機種が注目されていたMVNO限定のSIMフリー端末だったのですが、現在は安くはない端末を選ぶ人が多くなり、性能的に見ても今一つだと感じることはなくなったと聞いています。
白ロムは格安SIMと組み合わせてこそ、メリットを体感できるものではないでしょうか。反対に言うと、格安SIMを有していないという人が、白ロムを手に入れるメリットはないと言っても間違いではありません。
誰もが知る大手キャリアと比較して、格安SIMは料金がべらぼうに安いので売り上げを伸ばしています。料金が割安だからと言っても、データ通信や通話が突如不通になってしまうということもなく、何一つ不自由を感じません。

大手キャリアと申しますと、端末(スマホなど)と通信をセットで勧めてきますので、大概の人は、そのセットのまま契約することが常識のようになっています。そういった事情がありますから、MVNOに乗り換えるような時は、買い方の手順が異なることに驚くかもしれません。
今日現在携帯電話を使用しているけど、スマホを持つことにしようかと考えていられるという人や、スマホの支払いを抑制したいという人にも、格安スマホは何にも増しておすすめの端末だと思います。
「今日この頃は知人の中でも格安スマホを選ぶ人が増えているので、自分もそれにしたい!」ということで、リアルに購入を思案中の人もたくさんいるそうです。
我が国の大手携帯電話事業者は、自社がマーケットに展開している端末では他社の携帯電話のSIMカードを使うことができないようにしています。これが、たまに聞くことがあるSIMロックと言われる対策です。
日本国内で流通しているSIMフリースマホは、ほとんどすべてドコモの通信方式や周波数帯に適合していますから、ドコモ系の格安SIMカードを利用するつもりなら、どのようなSIMフリースマホを入手しようとも何一つ問題にはなりません。

大方の白ロムが日本以外では無用の長物と化してしまいますが、格安スマホないしはSIMフリーのスマホだと言うのなら、外国に行っても現地で通用するSIMカードをセッティングすれば、スマホとしての機能してくれる可能性があります。
データ通信量が僅少だったり、音声通話も極めて少ない人ならば、「格安SIMカード」という名で人気になってきた通信サービスに切り替えるだけで、通信料金をかなり節約できるでしょう。
SIMフリータブレットにつきましては、合うSIMカードに制限がないタブレットなのです。大手3社のようなキャリアが売り出し中のSIMカードやMVNOが世に出しているSIMカードを使用することができます。
ヨドバシカメラなどで購入できる格安SIMは、スマホとセット形式で売られていますが、格安SIMの本来の良いところは、気に入っている端末で使用できるということなのです。
いずれ格安スマホを持つと言う人をターゲットに、おすすめの機種をランキングにしてみました。1つ1つの値段や長所もアナウンスしているので、リサーチして頂ければと思います。

コンビニATMから不正引き出し役、逮捕

今年5月、全国のコンビニのATMで18億円以上が不正に引き出された事件で、警視庁は「出し子役」の男2人を逮捕した。
逮捕されたのは、東京・新宿区の物品販売業・小幡研二容疑者(33)と職業不詳の渡邊一穂容疑者(32)で、今年5月、日野市のコンビニのATMで偽造クレジットカードを使ってあわせて現金550万円を不正に引き出した疑いが持たれている。
小幡容疑者は、八王子市のコンビニで現金を不正に引き出したとして、先月、逮捕されていた。
小幡容疑者は、「知人の男に報酬をもらい、金とカードは返した」と供述しているということで、警視庁は引き出しを指示し、現金を回収した人物についても捜査を進めているとのこと。
悪さをすれば見つかってしまうんですね。
今に時代は隠しごとができないと、自分のしたことを反省してほしいですね。

コーヒーと漢方、相互作用注意

昨年末「エナジードリンク」と呼ばれるカフェイン入り清涼飲料水を大量に飲んだ男性がカフェイン中毒で死亡する事件があった。カフェインは飲料や薬など様々なものに含まれており、飲み合わせによって意図せず大量摂取してしまう可能性があるそうだ。
カフェインはコーヒー豆や茶葉、カカオ豆に含まれる成分だ。コーヒーや紅茶、緑茶、チョコレート、ココアなど身近な食品・飲料に含まれる。このほかに、コーヒーや茶葉から抽出されたカフェインを日ごろ摂取していることを知らない人も多いのではないだろうか。精製されたカフェインは、医薬品として片頭痛の治療に用いる処方薬や市販の風邪薬や眠気覚ましの市販薬などに含まれている。また、食品添加物として使用が認められており、適度な苦みによって食品の味をよくする目的でコーラなどの清涼飲料水やドリンクなどに添加されたり、サプリメントの原料として使われたりしているそうだ。
カフェインは心血管や中枢神経を刺激して覚醒させる作用がある。そのため、適量を摂取すると体の活動量が盛んになって元気が出る。しかし、短期間で大量に摂取すると頭痛、めまい、胃けいれん、吐き気、嘔吐などの急性症状が現れるという。過剰摂取によって中毒になると興奮して眠れなくなったり、動悸がしたりするなど全身に症状が及んで危険な状態になり、摂取量によっては死に至ることもある。
カフェインは摂り方によっては体にリスクがあるが、国内では今のところ、食品における1日の摂取許容量は設定されていないそうだ。海外の状況を参考にすると、健康な成人では1日の摂取量の目安は400ミリグラムと言われている。これをコーヒーに換算するとマグカップ3杯分になるという。カフェインは主に嗜好飲料に含まれている。表示されているカフェインの量をチェックし、目安量を超えないようにすることが大切だ。
また頭痛薬などの薬には、1錠に100~300ミリグラムのカフェインが含まれるそうだ。サプリメントにも高濃度のカフェインが含まれる商品がある。薬やサプリメントを通じて大量摂取してしまうと、それだけで1日の目安量を超えることがあるという。
カフェインの摂取については、薬に含まれる相互作用も重要だ。漢方薬では、生薬の麻黄に含まれるエフェドリンに気を付ける必要がある。カフェインと一緒に摂取すると相乗作用で効果が高まるためだ。漢方薬は副作用が無いと思われがちだが、知らずに飲み合わせると脈が速くなったり、血圧が上昇したりすることがあるそうだ。麻黄は葛根湯や麻黄湯などに含まれる生薬で、これらの漢方薬は風邪薬としてよく使われる。服用するときはカフェイン入りの嗜好飲料は控えるようにしないといけない。また、気管支ぜんそくに使われる気管支拡張薬にもエフェドリンのような作用のものがあるという。これについても、カフェインが含まれるものとの飲み合わせには注意が必要だ。
知らずに摂取すると大変なことになってしまうかもしれない。薬を処方された時は、医師や薬剤師に飲み合わせについて確認した方がよさそうだ。

小林武史とakkoの娘2人歌手に

今月5月14日に公開された映画「世界から猫が消えたなら」の主題歌でデビューした新人シンガーのHARUHIをご存知でしょうか?
主演の佐藤健も”すごくキレイなです。声特別な才能の持ち主だと思います”と唸るほどの歌唱力で話題になっています。
なんと、この新人シンガーのHARUHIは、音楽プロデュースの小林武史さんとMy Little Loverのakkoさんの娘なのです。
この映画に出演している宮崎あおいさんも”耳にも心にも気持ちのいい声”と絶賛しています。
彼女は新人とは思えないほどのすさまじい表現力の持ち主と関係者からも太鼓判を押されています。
男性とも女性ともとれる声質。そして、年代も感じさせないその歌声。
その実力に魅了される人も多いのではないでしょうか。
彼女のデビューシングルでプロデュースを手がけたのはもちろん、父の小林武史。
父と娘。あくまでプロデューサーとシンガーとして、切磋琢磨しています。

毒学校?中国で異常事態

中国北京の小学校のグラウンドで異常がおきている。これにより子供たちは、鼻血やめまい、発熱をうったえている。中国各地でおきている異常事態は「毒学校問題」とされているという。
学校の前では、保護者たちが集まり、子どもを守るため学校に対し声を荒げる。現在、クラスの7割以上が学校に来ておらず、1クラス9人程度しか来ないときもあるとのこと。
保護者たちは、学校のグラウンドが怪しいとみている。数日前から刺激臭がしているそうだ。
グラウンドでは、去年から改修工事が行われている。ゴムやプラスチックなどの人工素材を敷く工事で、この素材に問題があるとされている。 
一部メディアによると、コスト削減のために有毒物質で工事をすすめることもあるといい、気温上昇も相まって有毒物質の放出がよりおおくなった可能性を指摘している。
保護者によると、子どもたちは85%が体に異常を訴え、65%以上は血液検査の結果に異状がみられたそうだ。
学校は、休みにはなったが謝罪や原因解明などの動きは見せていないという。
まさに毒学校だ。子どもだけでなく職員に影響はないのだろうか。

 

Apple、リサイクルで金1トン回収

米Appleは18日までに環境報告書を公開し、リサイクルを行った携帯端末の「iPhone」や「iPad」、パソコン「Mac」から2015年は2204ポンド(約999キログラム)の金を回収したと明らかにしたそうだ。金額にして400万ドルに相当するという。
金は腐食に強く電気伝導率も高いことから、消費者向けの電子機器に使われているそうだ。銀は伝導率は最も高いが腐食しやすい。銅は非常に安価だが伝導率で劣るという。
リサイクルプログラムによる電子廃棄物の量は9000万ポンドに達し、6100万ポンドが再生可能な金属類だという。この中に占める金の割合は小さいが、金は1トロイオンス当たり1200ドル超で取引されており、中古の電子機器から取り出せる金属としては最も高額だそうだ。
Appleはまた、鉄を2300万ポンド、アルミニウムを450万ポンド、銅を3000万ポンド、銀を6600ポンド回収したという。Appleはリサイクルした携帯端末から取り出した金属類の多くを再利用しているという。そのことで、こうした金属類の採掘の必要性が減少するという。
限りある資源を再利用するという取り組みはいいことだ。それにしても、そんなに金が使われているとは…。

ランドセル、無料配布の自治体も

4月を迎えるにあたり、進学先が決まった学生は入学準備を進めているころだろう。
小学生のお子さんをもつ家庭では、ランドセルを購入したはずだ。しかし、最近にランドセルは素材や機能のために高級品となってしまった。生活困窮家庭にとっては大きな打撃となっている。
店によっては、安くて4万高くて12万のランドセルを取り扱っている。よく売れるのは5~6万のランドセルだというが・・・。
また、小売店では大量に仕入れて低価格で提供するところも。2万円台のランドセルなどはほぼ完売状態だそうだ。
公立校のランドセル通学は、義務付けられたものではない。地方によっては、入学後すぐに適当なリュックなどで通学させるところもあるという。しかし、一般的には6年間使う通学カバンとされているため、耐久性や容量の大きさからランドセルの利便性は高い。
とある20代のシングルマザーは、手取りが10万円。長女のランドセルを買えず、両親から5万円の援助をうけた。女性は「お下がりのランドセルを使っていた親類の子どもが周囲にからかわれたと聞いて買わざるを得ないと思った。学用品の中でも特に高く、困窮している家庭のことも考えてほしい」と話す。
また、公的支援を受けながら小学生の子ども3人を育てている女性は、ランドセル購入費が9万円に上ったことを鑑みて「ランドセルは確かに便利だが、9万円を他の教育費や生活費に回せたかもしれない。暗黙のルールを変えることはできないのだろうか」とこぼした。
茨城県日立市では、約40年前からランドセルを新入生全員に無料で配布しているそうだ。
また、島根県出雲市では、スポーツ用品店が販売する5千円ほどのリュックサックが普及しているという。
たしかに義務教育とはいえ、こういった援助にまでは手が回っていないのだろう。希望者だけにでも無料配布するのはいい手だ。

ゲス川谷がベッキーへの胸中を告白?

「世間の誰に謝ればいいの?」などと言って、ライブ中の大放言で炎上しているゲスの極み乙女。の川谷絵音。
そんな川谷絵音氏が「週刊文春」の取材に再び応じて、ベッキーに対する胸中を語りました。
「正直、今は全く連絡を取っていない状態なので、どういう気持ちでいるのかな・・・とか。やっぱり休業したというニュースを僕は人づてに聞いたのでそういう点ではやっぱり心配ですよね・・・。その気持ちが一番デカいですね。」とのこと。
ベッキーと最後に連絡を取ったのは、今年の1月中旬ぐらいだという。
また、内情を知る音楽関係者によると、ベッキーが書いた妻への謝罪の手紙は、川谷が所属するスペースシャワー側に届いたもの。
川谷の妻の手には渡っていないといいます。

スタバ、桜ドリンク朝から人気

スタバから、春の季節限定ドリンク「さくら ブロッサム&ストロベリー ラテ」、「さくら ブロッサム&ストロベリー フラペチーノ」が今日から発売されたそうだ。
「さくら ブロッサム&ストロベリー ラテ」は、ほんのりと桜が香るミルクとストロベリーの華やかな風味を合わせたノンコーヒードリンク。ピンク色のストロベリー風味のホイップクリームに、花びらや塩漬けの葉とストロベリー果汁を使用したオリジナルのソースと、桜・ストロベリーの味わいのシェイブチョコレートをトッピング。桜の風味とストロベリーがまろやかに溶け合うやさしい舌ざわりだという。
「さくら ブロッサム&ストロベリー フラペチーノ」は、クリームベースのフラペチーノに、桜とストロベリーを使用したオリジナルのソースとたっぷりのシェイブチョコレートを混ぜ込んでいる。チョコレートのパリパリとした食感も楽しめるデザート感覚のドリンクとのこと。
一足早く春の味覚を味わうことができそうだ。